フランス ミディ・ピレネー地方 美食と文化を訪ねる旅◆2日目後半

2日目の後半です。
おいしいチーズをいただいた後、バスでサルラに向けて出発。
 
途中、赤ワインで有名なカオールで写真ストップ。


ロット川にかかる、カオールの象徴、ヴァラントレ橋です。14世紀から70年かけて作られたこの橋は、一見の価値ありです。
要塞化された橋で、ここまできれいに保存されているのは、珍しいそうです。

また、バスに戻り、サルラに向けて北上します。
 
サルラといえば、有名なのはやはりフォアグラです。
南西地方の名産で、サルラはその中でのフォアグラ生産の中心地でもあるので、街から少し出たところには、フォアグラ農家が点在しています。
 
今回は、Ferme des Roumeviesを見学させてもらいました。
ここは、ガチョウを飼育しており(フォアグラは、ガチョウと鴨と2種類あります)、飼育から生産まで行っており、一日回の餌やり(ガバージュ)を見学させてくれます。
 
少々私には衝撃が強かったので、写真を撮れませんでした(涙)
でも、今回驚いたのは、フォアグラは肝臓だけを取って、他は無駄にしているのかと思ったら、ほとんどの部位を、肉詰め、コンフィなどに使っていて、ほとんど無駄を出さないということです。
 
もちろん、生産農家での直売なので、お値段も驚くほどお安い!
(缶物も飛行機で輸送する場合は、手荷物に入れていると空港で没収されるのでご注意ください!)

 
見学、試食、お買い物をしてから、2日目のホテルがあるサルラの町中へ。
 
サルラは小さい街ですが、全体が中世の博物館のように、とても美しい町です。
 
今回泊まったホテルは、旧市街の中にある、Hotel La Couleuvrine。
15世紀の城壁をホテルとして使用しており、国の文化遺産にも登録されております。お部屋はそれぞれが違っており、建物の中は迷路のようになっています。


ディナーもホテル内のレストランで。
 
せっかくサルラに来たので、前菜はフォアグラ、メインもサルラ風の鴨料理をいただきました。
 
さすが、フォアグラの名産地!というだけあって、前菜のフォアグラは、これでもか、というくらい立派なものでした。

朝から、かなり長時間の移動でした。

 
ルルドでは大雨だったのですが、その後天気はよくなり、車窓からはミディ・ピレネー地方の自然をご覧いただけました。
 
3日目は、巡礼の地でもある、ロカマドゥール、コンクを観光してから、ライヨールのナイフ工房まで行きます。
 
 
フランス旅行の
お問合せ・ご予約はフランスワールドまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フランス挙式・フランス旅行専門のコスモワールド
ご来店のご相談などは事前にてご予約をお願いいたします。
(
土・日曜日、祭日も事前予約にてお受けできます。)
大阪オフィス 〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目15番18号プラザ梅新815
TEL : 06-6316-3355   FAX : 06-6316-3380
───────────────────────────────────────
東京オフィス 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3−8−10 リベラ茅場町8F
TEL : 03-6264-8646   FAX : 03-6264-8647
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 

コメント
コメントする